フォローは必要

教室

内定者フォローは大切な事柄です。 どうしてかと言うと、内定者が他の企業に流れていかないようにするための事柄だからです。 内定を出したあとも、内定者には他の企業の情報が常に入っています。 そちらの方が魅力だと感じてしまえば、内定を蹴られてしまいます。 内定者フォローの豆知識としては、企業からのアプローチとして、内定者同士の仲を取り持つことがテクニックの一つです。 内定者同士で仲間意識が芽生えれば、他の企業へ行きづらくなります。 こうしたフォローを取り入れる企業は増えてきており、企業の魅力を知ってもらうために日々努力しています。 優秀な人材はどの企業からも欲しがられますので、しっかりとフォローをしてキープすることが重要な課題と言えます。

内定者に、内定者フォローを楽しいと感じさせる工夫やメリットを紹介します。 それは、人が集まる機会を作ることです。 内定者全体の座談会や学習会、ランチ会や懇親会などを内定を出してから月に一度程度設けると良いでしょう。 内定者同士の仲が深まり、その場が楽しくなっていきます。 また、先輩社員や社長や部長や課長などとの交流も大切です。 内定を出してから数ヵ月から半年に一度程度行うと良いです。 その際のおすすめは、大広間での立食パーティです。 自由に回れることでいろいろな人との会話を促すことが出来ます。 お酌や食事の取り分けなどからも会話が生まれることでしょう。 内定者フォローが充実している企業は社員の満足度も高いです。