社員研修をする

教室

新卒で採用された新入社員が最初に行うのが社員研修です。いきなり現場に出されても接客マナーなどが出来ていないうちではトラブルの元となりますので、こういったヒューマンスキルを身につけるためには欠かせません。昔はヒューマンスキルを重視し過ぎて、研修に相当の時間を掛けたりしたものですが、現代の社会においてはどの企業も人材不足が深刻で新入社員と言えども現場では即戦力人材となって貰わなければ困ります。 そこでヒューマンスキルだけではなくビジネススキルやリーダーシップスキルを社員教育の場で徹底的に詰め込み且つ、短期間で済ませる社員研修を導入する企業が増えてきているのです。のんびりと新入社員に教育をかける時間もお金もなくなってきたと言えるでしょう。

即戦力として現場に送りだすためには実践に即した社員研修が必須となります。こうした社員教育を請け負う専門の会社では、社員の自立性を促すために研修の進行を社員同士で行わせる試みもあるようです。 入社したばかりでいきなり社員研修を仕切れとは無茶な試みのように思われますが、ただ雇われた講師の話を延々と聞き流すよりは自立心を煽りたてる意味において効果が発揮されていくものです。 年齢の離れた世代からの指導で指摘されても、価値観の違いなどを理由にして自己弁護し改善することもしないケースもありますが、同世代同士が互いに良いところや悪いところを総括し合いながら研修を行うことで価値観の違いなどを理由に否定出来なくなりますからそれだけ問題点を改善出来る傾向があると言えます。 社員研修の新たな試みの例として取り上げましたが、自立心を促す意味と即戦力を育てる意味においては効果があるのではないかと言えます。